我が子にバッチフラワーレメディを選ぶ時

バッチフラワーレメディ、
子どもたちにも
使ってほしいなぁ~ と、思っているけど
どの子もすんなりと
受け入れるとは限りません。

 

 

ましてや、今、どんな気持ちなの?
なんて、
聞き出そうとしようものなら、
嫌がることだってあるでしょう。
反抗期だったら、なおさら。

 

 

なので、

我が子に、
バッチフラワーレメディを処方するとき
あらためて、気持ちを聞き出すようなことはしていません。

 

 

じゃあ、どうやって
レメディを選ぶのか・・・

それは、
日々の様子や、発する言葉から選ぶのです。

疲れてる
イライラしてる
鏡の前から離れない
やたら寝ている
友達とケンカが多い
忘れ物が多くなった

「もうヤダ」
「疲れた」
「嫌い」
「私なんか・・・」
「どうしていいかわからない」
「許せない」

そんな、様子、言葉を
キャッチできるのは、
母親だからこそ、ですね。

そんなことを
繰り返しながら
子どもたちにレメディを選ぶことを続けていたら、

最近、娘が、

 

「こういう時は、何飲むの?」と
聞いてくるようになったんです!

興味を持ってきたようですね^^

押し付けるのではなく、
自分から取り入れてくれるようになるといいなと
思っているので、
とっても嬉しい言葉でした^^
・・・・・・・

 

必要な人に届きますようにと願いを込めて

ブログランキング参加しています。

クリックで応援よろしくお願いします。

 

#子育て #発達障害 #西東京 #多摩地域  #立川市 #国立市 #八王子市 #バッチフラワー #バッチフラワーレメディ #フラワーエッセンス
#植物療法 #フィトセラピー #発達障害悩み #子育て悩み #HSP #Webセミナー

・・・・・・・・

 

感情を自分で穏やかに整えることができるフラワーエッセンス。

そのフラワーエッセンスの元祖は、バッチフラワーレメディ®です。
英国で80年もの間愛され続け、現在は60か国以上に輸出もされています。
「病は気から」という言葉があるように、感情の乱れは、身体にも影響を及ぼします。

日々のイライラや、緊張、不安を穏やかに整えることで
健やかな日々を手に入れることができるのです。

健やかな心身を手に入れましょう。

And Eでは、
バッチフラワーレメディを学んでいただけるよう
各種講座をご提供しています。
また、
個別カウンセリングで、
お話を伺いながら、相応しいレメディのご案内もしています。

フラワーエッセンスが、
家庭の救急箱として
身近な存在となることを願っています。

関連記事

  1. 「普通」って何だろう?

  2. 笑えば幸せになる

  3. 歯痛とストレス

  4. 8月15日に思うこと。

  5. お母さんが幸せであることは。

  6. お母さんだって

  7. 私にできること。

  8. なぜ発達障害×バッチフラワーレメディなのか

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

  1. おすすめレメディ

更新情報

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31