平塚英子(ひらつか えいこ)

1969年生まれ 東京都あきる野市出身 元教員
教育事業家、講師、講演家

 

長男が発達障害を持つ。
自身の子育てでは、長男に不登校の兆しが現れ、
学校への送迎や教員との相談を1,100日行った経験を持つ。

教員経験も活かし、どんな子も、のびやかに健やかに
生きていける社会をつくっていくことを目指し講演活動中。

配慮が必要な子育てをする母親に対して、
自身もそうした育児をした当事者として、
また教員及び発達支援士としての客観的な視点を合わせ持ちながら、
困りごとを言葉がけで解決していくカウンセリングや講座を実施。
就労支援施設等での研修も手がける。

カウンセリング人数は延べ300名、受講者数は延べ250名を突破。
発達障害当事者とその家族のサポート実績は創業以来3年で、すでに4,000名以上になる。

不安を抱える母親たちが子育てに希望が見出せる講演が好評。

2019年に主催した講演会の動員人数は250名、2020年7月には1,000人規模の講演会を予定。
教育委員会や福祉機関から多くの問い合わせが寄せられている。

活動の様子は新聞等でも伝えられている。

 

 

 

講演・研修・執筆・取材等のご依頼は
コチラからお願い致します。↓↓↓

講演・研修