「行きたくないよー!」何で、こんな風になっちゃうの?

「行きたくないよー!」
泣きながら、
一生懸命、自己主張する声が聞こえます。
 
お母さんも、
一生懸命、行かせようと様々な声掛けをしています。
今日、行けなかったら、
ずっと登園渋り、
今日、行けなかったら、
ずっと登校渋り、
今日、行けなかったら、
ずっと不登校になるかもしれない・・・。
そんな、不安と闘いながら、
一生懸命、叱ったり、なだめたり。
 
我が家の前の通りは、
保育園、幼稚園の通園ルートになっているので、
こうした声を耳にしたり、
こうした光景を目にすることがあるのです。
 
 
重なります。
 
 
あの頃の、私たち親子に。
 
 
 
 
お互い必死なんですよね。
 
お互い混乱しているんですよね。
 
 
 
 
子どもも、お母さんも。
 
  
 
 
 
何で、こんな風になっちゃうの?
 
苦しくて、悲しくて、
でも、誰にも頼れない・・・。
 
子どもの気持ちは、私が一番わかってなくてはいけないのに。
 
 
そんな気持ちで、いっぱいでした。
 
 
 
 
 
あの頃の私と同じ気持ちを抱えているお母さん、
私に会いに来てください。
 
 
 
「きっと大丈夫!」
  
お母さんも、お子さんも、
そう言えるようになるための作戦を
一緒に考えましょう!
  
 

・・・・

発達凸凹子育て・親育て
平塚英子

・・・・

関連記事

  1. 『今』を必死に生きること

  2. 成人の日

  3. アズ直子

    本当の気持ち

  4. たくさんのお母さんに届けるために!

  5. 繋がって、繋がって

  6. 伝えるって、 難しい・・・

  7. 2018年 ありがとうございました。

  8. 連休明けの困りごとは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。