スムーズにいく子育てなんてない。

以前の私は、「母親であることに」対して完璧でないとダメなんだ。と思っていました。

完璧なお母さんでなくてはいけない。

そう思っていた私は、

子育てに大きな悩み(子どもがひどい登校渋りだったんです)を抱えた時に
この子のことは、母親の私が一番わかっていなければいけない。
だから、私が何とかしなければいけないんだ。
私はお母さんだから。

そんな想いに縛られて、
誰にも相談することができず、
自分を責めてばかりいました。

でも、ある日、一人の先生との出会いで
大きく変わったのです。

スムーズにいく子育てなんてない。
わからないこと、困ったことは、
相談して、一緒に解決していけば良いと
気づかせてくれた先生でした。

それから、先生との作戦会議の日々が始まります。

私の子育てが、大きく変わっていき、
それは、子どもにとっても、良い影響を与えてくれました。

 

 

このことによって得た経験は
この仕事をするきっかけにもなりました。

完璧でない自分を受け入れたことで、
人生までもが、大きく変化したのです。

 

『完璧ではない自分を受け入れる』ことは
あきらめることではないのですね。

どうすれば良いのかを考え、行動する
そのスタート地点にすれば良いのです。

日々、そのスタートに立ち、

走ったり、時には歩いたりを繰り返している私です。

一緒に、このスタートに立ちませんか?
一緒に作戦を考えましょう!

 

きっと何かが変化していきます。

 
  
 

・・・・ 

発達凸凹子育て・親育て
平塚英子

・・・・

関連記事

  1. アズ直子

    本当の気持ち

  2. みんなの力で。

  3. できていること

  4. たくさんのお母さんに届けるために!

  5. ボロボロのファイル。

  6. 8月15日に思うこと。

  7. 新聞に掲載されました!

  8. どの子も、どんな子も。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。